【ぎっちり満タン】バイクのガソリンの正しい注ぎ方と注意点



どうも!神経質のフェニックス本田です!!

今回はガソリンの注ぎ方について解説します。

みなさんガソリンの注ぎ方はどのようにされてますか?

バイクを降りてスタンドを立てた状態で注ぐ?

それともバイクに乗ったまま車体を垂直にしてガソリンを注ぐ?

僕は垂直で注ぐ派です!

貪欲にガソリンを注ぎたい人におすすめです!!

貪欲にガソリンを注ぎたい方は
以下の動画をご覧ください。






車体を垂直にしてガソリンを注ぐメリット


スタンドを立ててるとバイクが斜めになるので
タンクに注がれるガソリンが満タンになりません。

車体を垂直にすると斜めにならない分
ガソリンタンクが満タンになる優越感に浸れます。

まさに神経質な人におすすめの注ぎ方です!

ただし入れすぎには注意してね!

フタを閉めたときにガソリンがあふれて漏れたりすると
バイクの配線などに干渉して故障の原因になるので…。

あと走行中に燃料が膨張してあふれ出たりする事もあるようです…。

お気をつけて。


スタンドを立てると燃料計が正しく計測しないかも??


Ninja250SLの話になりますが

サイドスタンドを立てた状態でガソリンを注ぐと
燃料計が燃料の量を正しく計測してくれないらしいです。

なので出来ることならスタンドなしで車体を垂直にして
ガソリンを注いだほうが良いと思われます。


ガソリンを注ぐ時の注意点


ガソリンを注ぐ時の注意点を書いていきます。

ガソリンを注ぐ前に静電気の除去を!




体からバチッと静電気を発したことはありませんか?

私は良くあります。

静電気の何が危ないかというと
ガソリンに引火して火災の原因になる事です。

ガソリンを注ぐ前に静電気除去シートに触れて
ガソリンを注ぐようにしましょう~!


ガソリンの給油ノズルをタンク給油口でカンカンしない




ガソリン給油が終わってからガソリンの給油ノズルを
タンクの給油口などでカンカンしたりしていませんか?

カンカンするのは危険です。

ノズルと給油口が摩擦したことによって
火花が散ることが稀にあるようです。

この火花がガソリンに引火して火災の原因になるようです。

カンカンしないように給油ノズルを出して
元の位置に収めましょう。

ガソリンがこぼれそうなら近くに置いてある
雑巾を利用したほうがいいですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿